logo_image ホーム

キャラクター風船製造やOEM生産そしてSP販促用名入風船やプリント印刷風船など風船全般、風船玩具の総合メーカー「マルサ斉藤ゴム」

ニュースブログ 商品情報 ダウンロード リンク集 会社情報 お問い合わせ
商品ピックアップ
No.17二色半染め風船
最新ニュース
ニュースカテゴリー
過去のニュース
検索
インフォメーション
(営)〒131-0046
東京都墨田区
京島1-22-2
株式会社マルサ斉藤ゴム
TEL:03-3613-4156
FAX:03-3613-4166
E-mail:

>>詳細

2007年7月6日(金曜日)

風の物語(風船のお話)

カテゴリー: - hirohide @ 18時34分25秒

社長近影久しぶりに投稿します。
風船はかつて街商(露天商・テキヤ)さんメインアイテム(ネタ)でした。
現場で膨らまし販売、かさばらず、膨らますことで付加価値が付きテキヤさんにはうってつけのネタでした。
昭和30年から50年位が最盛期、「特大ミッキー」、「太陽」、「タコ」などガス入り風船、風船で鉢巻やタスキ、太鼓(膨らました風船を棒でたたく)など個々にオリジナリティーのある販売で、名物のテキヤさんが居たこと記憶しております。
現在は食べ物が多くなり風船の販売は「水チカ(ヨーヨー)」、「キャラクターUFO(フィルムバルーン)」等が見受けられます。
露天商をテキヤ「的矢」さんと称しますが、敵(お客さん)を捕まえて商売するから、的当てになぞられた表現かと思われます・・・これは私の推察ですが。
「ネタ(商材)」、「ヤトン(問屋)」、「ネタ元(メーカー、仕入先)」、「テッカリ(晴天)」、「ミズバレ(雨天)」、「上げチカ(ガス入風船)」などまだまだ独特の表現があります。
また全国の「タカマチ(縁日、祭礼)」に出向いて商売をしますので現地の縁日の仕切役(独特な組織)と交渉・しがらみの上に成立しています。素朴で働き者が大多数の方々です。

日本ゴム風船商工会の記念誌「20年のあゆみ」より
タコ風船と太陽風船
タコ風船と太陽風船

特大ミッキーと縁日風船いろいろ
特大ミッキーと縁日風船いろいろ


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://www.maru-sa.co.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/11

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

27 queries. 0.023 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress