logo_image ホーム

キャラクター風船製造やOEM生産そしてSP販促用名入風船やプリント印刷風船など風船全般、風船玩具の総合メーカー「マルサ斉藤ゴム」

ニュースブログ 商品情報 ダウンロード リンク集 会社情報 お問い合わせ
会社情報メニュー
商品ピックアップ
No.36水ピス当て
最新ニュース
ニュースカテゴリー
過去のニュース
検索
インフォメーション
(営)〒131-0046
東京都墨田区
京島1-22-2
株式会社マルサ斉藤ゴム
TEL:03-3613-4156
FAX:03-3613-4166
E-mail:

>>詳細

マルサ斉藤ゴム会社概要

会長あいさつ

会長 斉藤尋秀(ひろひで)

風船とは?
紙またはゴム球の中へ空気または
水素ガス(※)を入れて、それを手でついたり空中へ飛ばしたりする玩具。気球の俗称。(広辞苑)とあります。

英語ではBalloon=(風船、膨れる)、スペイン語ではGlobos=(地球)という意味があります。このように風船とは丸い球体をあらわします。
私も風船のように丸い顔、やさしい顔付き(自分で思ってるだけでしょうか?)をしております。
私の大好きなバルーンの世界へようこそ!
どうぞお気軽にご質問・ご相談ください

※注意:「水素」とありますが水素は危険なため現在は使用致しません。現在では安全な「へリウムガス」が使用されています。

絶対に、「水素」は使わないようにご注意ください!


株式会社 マルサ斉藤ゴム
代表取締役会長 斉藤尋秀(ひろひで)


社長あいさつ

社長 斉藤靖之(やすゆき)

風船で「子供からお年寄りまでみんなが笑顔にしたい」
こんな事を考えて毎日行動しております。
なぜか?
私の商売の原点はフリーマーケットにあります。
玩具の卸業者に入った1年目の私は、まだ学生だった友人と共にフリーマーケットに出展します。
商品は会社のデッドストックや商品サンプルなんかを安く手に入れたもの。
子供が沢山100円玉を握り締めて集まってきます。
100円、200円、300円とかお客さんと交渉で値段を決めます。
時には大人買いで、ダンボール1ケースでまとめていくら?なんて商売もしました。
売れるともちろん自分はうれしい。
でもお客さんも楽しいようで、笑顔で「ありがとう」と行って帰っていきます。
ああ、商売ってなんて楽しいんだろう。
自分もうれしくて、しかもお客さんにも喜んでもらえるなんて。。。

3年の修行のち、この会社へ入って10年。
最近になって、この原点に気づきました。

それからは「子供からお年寄りまで笑顔にする」これをモットーとして日々精進しています。
どうぞよろしくお願いします。


株式会社 マルサ斉藤ゴム
代表取締役社長 斉藤靖之(やすゆき)



プリンタ出力用画面


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。